シャンプーのもう1つの大きな目的

マイナチュレシャンプー、どうせだったらお得にご購入して下さいね!

ところで、「シャンプーは何のためにするの?」・・・・

というと、多くの方は「頭皮や毛穴の皮脂や汚れを落とす」ために行なうものと思っていらっしゃいませんか。

実は、この皮脂や汚れを落とす以外に、もう1つ大きな目的があることは、あまり知られていません。


中国では、古来より「毛髪は血余」とも呼ばれており、血のめぐりをよくすることで黒々とした艶のある健康な髪が育まれると考えられていました。

マッサージとリラクゼーションにより、血のめぐりを良くすることで健康な髪を育む「ヘッドスパ」に相通ずる「香油を使った頭部マッサージ」が16世紀に行われていた事に驚きを隠せません。

健康な髪を育てる栄養分は、胃腸で消化吸収された「タンパク質」「ビタミン」「ミネラル」等が血液を通して、毛髪の栄養分の保管庫(毛乳頭)に運ばれています。

もし、頭部の血流が悪くなれば、運ばれてくる栄養分が減って全体に行き渡りにくくなり、栄養不足を招いてしまいます。

シャンプーには、シャワーのお湯で温められた頭皮を、「指の腹を使ったマッサージによって血流を促す」という、もう一つの目的があるのです。


ですから、タップリ泡を立てて、強い力で闇雲にゴシゴシするような洗い方では、本来の目的からかけ離れ、地肌への刺激が強すぎて炎症を起こしやすくなります。

そして、新しく生えてくる髪の健康を損ねて、髪の老化を早めてしまう結果に陥ってしまいかねないということです。


【シャンプーのつけ方】

シャンプーは、手のひらに適量を取り出し、頭皮に大きく円を描くように軽く泡立てながら、手のひらで擦り込んでいきます。


【指の腹の正しい部位】

指紋の渦巻きの部分が指の腹です。

この腹の部分を使い、指を広げて軽く折り曲げて洗います。


【頭頂部の洗い方】

1センチくらいの間隔で指を細かく前後に動かし、スライドさせた時に毛穴から生えている毛髪のザラザラ感を感じるくらいの強さで、1センチぐらいずつ、つむじ方向に向かって進めていきます。


【両サイドの洗い方】

頭頂部と同じように1センチくらいに間隔で指を上下に動かし、スライドさせた時に毛穴から生えている毛髪のザラザラ感を感じるくらいの強さで、1センチぐらいずつ、頭頂部方向に向かって進めていきます。


【後ろ側の洗い方】

頭頂部、両サイドと同じ要領で、つむじ方向に進めていきます。


◆マイナチュレシャンプーの損しない買い方◆

お得で送料無料!マイナチュレシャンプー定期購入特設サイトはコチラ

マイナチュレシャンプーの損しない買い方はコチラですのトップページへ